PGlmcmFtZSBpZD0ieFR2UnE2ejhZZGMiIHdpZHRoPSI0MjAiIGhlaWdodD0iMzE1IiBzcmM9Imh0dHBzOi8vd3d3LnlvdXR1YmUuY29tL2VtYmVkL3hUdlJxNno4WWRjP3JlbD0wJmVuYWJsZWpzYXBpPTEmYW1wO3dtb2RlPXRyYW5zcGFyZW50IiBmcmFtZWJvcmRlcj0iMCIgYWxsb3dmdWxsc2NyZWVuPjwvaWZyYW1lPjxkaXYgY2xhc3M9ImV4bWVkaWEtcmVmZXJyZXIiIHRhcmdldD0iX25ldyI+PGNpdGU+5Y+C54Wn5YWDIDogPGEgaHJlZj0iaHR0cDovL3d3dy55b3V0dWJlLmNvbSIgdGFyZ2V0PSJfbmV3Ij55b3V0dWJlPC9hPjwvY2l0ZT48cD48YSBocmVmPSJodHRwczovL3d3dy55b3V0dWJlLmNvbS9lbWJlZC94VHZScTZ6OFlkYyIgdGFyZ2V0PSJfbmV3Ij5odHRwczovL3d3dy55b3V0dWJlLmNvbS9lbWJlZC94VHZScTZ6OFlkYzwvYT48L3A+PC9kaXY+

教育・習い事 / プレスリリース

【オンライン補習校 随時無料見学受付中】西大和学園オンライン補習校で学ぼう!

アメリカ西海岸唯一の文部科学省認定「全日制日本人学校」

西大和学園カリフォルニア校が、2022年4月よりオンライン補習校を開校!

毎週水曜午後3時45分(太平洋時間)からオンライン補習校で日本の教科を学んでいます。

通いたくても通えなかった地域の子どもたちが、分かりやすい・楽しい・続けられる西大和学園の日本の教育を受けることができます。

定員10名の少人数学級を活かし、一人ひとりに目が行き届く環境の中で学習します。


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

ただいま、4月からの新入生を(小学校1年生、2年生と幼稚園年長組)を募集しています。
詳しくは、オンライン補習校特設ページの「お問い合わせ」よりご連絡下さい。こちらからオンライン出願のリンクをEメールにてお送りいたします。

https://www.nacus.org/statics/online-hoshu/

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


【西大和学園オンライン補習校の3つの特徴】

①学校である
 近年『学校』の持つ役割は変化しつつあります。ただ知識を学ぶだけならば教科書・参考書、有料・無料を問わずオンラインの塾や大手教育コンテンツの動画配信サービスなどを利用することで、その目的は達成できるでしょう。だからこそ学校は、多くの知識を得る機会を提供しながらも、それだけに偏重することなく、集団で過ごすことを通じて得られる、思いやりや他者の意見に触れ自分の世界が広がる喜びを感じ取れる場でなければなりません。西大和学園はオンラインでありながらも、そのことを主軸に『学校』として子どもたちの教育にあたってまいります。

②双方向ライブでクラスメイトと共に学び合う
 「ねぇねぇ、それもっとよく見せて」ある児童が他の児童に言いました。ある日の西大和学園が行ったZOOM授業でのワンシーンです。それを見せてくれた児童に、先生が「どんな工夫をしたのか、みんなに教えてあげてくれる?」と続けます。西大和学園が動画配信ではなく、『双方向ライブ授業』にこだわるのは、その瞬間にしかできない声掛けをしたり、その様子を見る他の子どもたち同士の刺激や高め合いを促したりすることを大切に考えるからです。「学級意識」は、やる気に大きな違いを生みます。

③西大和学園の質の高い教師陣
 授業者は、どんな時でも授業のめあて(何を理解し、何ができるようになるのかの目標)を把握しておかなければなりません。学齢に合わせた成長の度合いを見極め、常に子どもを認めつつも、乗り越えられそうな次なるハードルを提示し続けなければなりません。そして、特にオンライン補習校に求められる質とは、対面の授業よりもさらに分かりやすく、子ども同士の相互の学びを促す声掛けができ、画面越しでも生き生きと授業をする様子が伝わることです。西大和学園の教師陣は日本の教員免許を保有し、または補習校教育に長年携わり、アメリカに住む子どもたちの日本語教育に情熱を傾ける教師集団です。どうぞ安心してお子様の教育をお任せ下さい。

その他、学校ならではの特徴があります。

・デジタル図書館で日本書籍の貸し出し
・懇談会を含む教育相談指導
・学習の到達シート
・家庭用の提示プリントの提供


【オンライン補習校 谷口校長からのメッセージ】

西大和学園は、南カリフォルニアで35年間、多様な教育ニーズに応えてきました。日本国外にいるからこそ、日本の教育のきめ細やかさ、日本の教育を学ばせることの難しさ、学校という存在の必要性にお気づきの方もいるのではないでしょうか?西大和学園は学校です。オンラインということで、特に低学年の保護者の皆さんはご不安を感じていることと思いますが、どうぞ安心してお任せください。定員10名の少人数クラスで子ども一人ひとりに目が行き届き、「学校」としてクラスメートとの交流や担任を中心に協同で学び合える環境が叶っています。
今は小学1・2年生まで。年度とともに中学校3年生までが学ぶ幼小中一貫の学校になっていきます。
ICTの発達のおかげで、今や場所を選ばず、必要な教育を必要なだけ子どもに与えることができるようになりました。どうぞ、それぞれのご家庭の教育目標を西大和学園オンライン補習校で達成なさってください。



【実際に通わせているオンライン補習校保護者様の感想】

・ひらがなを読む力が付いてきて、今まであまり読まなかった日本語の絵本も自分で読む(読もうとする)ようになってきた。
・現地校に日本人がいない、家庭では母とだけ日本語。もっと子どもが日本語で話す機会を増やしたいと思いオンライン補習校に入学。先生やクラスのお友達とのコミュニケーションを通して、家庭でもより日本語を話す機会が増えてとても嬉しい。
・漢字の学習について、以前は家庭で「とめ」や「はね」について指導してもなかなか定着しなかったが、先生に細かく赤を入れてもらうようになってから正しく書くよう取り組むようになり、字がきれいに書けるようになってきた。
・入学前、一番心配だったのが、子どもの集中力。先生が適切に声をかけ、一人ひとりを丁寧に見てくれて、十分やっていけると感じた。
・音読の宿題を通して、音読に毎日とりくみましょうと声をかけてもらっていることが音読の取り組みへの励ましになっている。格段に音読が上達している。
・日直当番など、責任をもってできる仕事が楽しいようだ。
・入学当初は、オンラインでここまでできると思わなかった。予想以上に学習ができていると思う。




◉西大和学園公式ウェブサイト
補習校:https://www.nacus.org/hoshu/
平日校:https://www.nacus.org/

ロサンゼルスの日本人学校です。笑顔あふれる子どもたちの様子をご覧ください!

  • 登録日 : 2022/11/22
  • 掲載日 : 2022/11/22
  • 変更日 : 2022/11/22
  • 総閲覧数 : 68人
Web Access No.924367