最新から全表示

    • 知って得する / 専門サービス
    • 2019年11月21日(木)

    アメリカ不動産投資に関する税務

    経済成長が続くアメリカでは、2008年のサブプライム問題で一時期大きく不動産相場が下落したものの、長期的な視点では不動産相場は上昇を続けており、米国不動産は今日でも日本人投資家の大きな投資先のひとつとなっています。

    そこで、本記事では税務的な観点から、なぜ日本人投資家が米国不動産を好むのか、米国不動産投資におけるタックスメリット及び米国不動産投資に関わる米国税制について解説しております。

    下記URLより詳細ご覧ください。
    https://www.univis-america.com/post/us-realestate-tax


    目次


    Ⅰ. 米国不動産投資のタックスメリットとは

     ~減価償却費とは?~

     1.減価償却割合が高いことによるタックスメリット

       ・建物の評価割合の高い米国不動産!

     2.加速度償却を利用したメリット

       ・日米の耐用年数の考え方の違い



    Ⅱ. 米国不動産の投資形態

     1. 個人名義での不動産投資

       1) 加速度償却の適用

       2) キャピタルゲインに対する税制優遇

       3) 事務手続きの簡便性

     2.法人名義での不動産投資

       1)訴訟時のリスクの軽減

       2)インカムゲイン(*)に対する低い税率

       ~C Corporation と LLC (Limited Liability Company)~



    Ⅲ. アメリカでの税務申告について

     1.米国税制の概要

     2.不動産収入にかかる税額の算定方法

     3.米国非居住者に対する特例

    4.確定申告について

  • 1/1
  • 1