パノラマ
パノラマ

2018年5月3日~2018年5月3日 / New York, New York / スクール・セミナー

拡大
終了しました
会場 日本クラブ
住所 145 W. 57th Street, New York, New York, 10019 アメリカ合衆国
日程 2018年5月3日~2018年5月3日
時間 18時00分~20時30分
[時間詳細]

17:40 受付スタート
18:00~20:30 講義

[アクセス]

最寄り駅
MTAF 57th St 駅
MTAQ 57th St 駅
MTAN 57th St 駅
MTAR 57th St 駅
MTAB 7th Ave 駅

最寄りバス停留所
MTA W 57 ST/AV OF THE AMERICAS 停留所
MTA W 57 ST/AV OF THE AMERICAS 停留所
MTA 7 AV/WEST 58 ST 停留所
MTA 7 AV/W 57 ST 停留所
MTA W 57 ST/7 AV 停留所

[会場詳細]

日本クラブ http://www.nipponclub.org/?lang=ja

高野登ニューヨーク寺子屋百年塾

元リッツカールトン日本支社長、高野登氏NY初講演会

ホスピタリティのスペシャリスト、元リッツカールトン日本支社長
高野登氏NY初講演会

念願の第1回 高野登NY寺子屋百年塾がついに開催!!

【NY寺子屋百年塾について】~想いは時空を越える 百年先まで~

 夢を描き、人とつながり、愛を持って、このニューヨークで百年後の未来を見据えながら、自分自身を見つめ直し、磨き、新たな行動を起こすきっかけの場を一緒に創りませんか?

 長野の善光寺から~今は亡き一人の女性の熱い想いから~2010年にこの寺子屋百年塾は始まりました。その想いは、たくさんの人々の心に響き、伝わり、今では日本各地へ広がり、そして海を越えてニューヨークにもやってきました。
 塾長、高野登さんが、心に染みる温かな言葉で私達に伝え続けて下さるその想い。それを皆さんと一緒に感じ、学び、共感できることを私達は楽しみにしています。

塾長紹介:
1974年にニューヨークに渡り、ヒルトン、プラザホテルなどを経て90年、リッツカールトンへ移籍。94年にリッツカールトン日本支社長として帰国、大阪と東京の開業を手掛ける。2010年、「人とホスピタリティ研究所」を設立し、現在日本各地で人材、組織、地域づくりのサポートを行っている。同年より始めた「寺子屋百年塾」は、既に全国14か所で開催。ベストセラー「リッツカールトンが大切にするサービスを超える瞬間」以来、著書多数。

塾長挨拶:
「百年先を見据えて、今この時をどう生きるのか?」それが百年塾のテーマです。私達には、みな自分の時代を生き、その後の時代の人たちへバトンを渡す役目があります。今を生きている人の多くは自分の繁栄だけを求めてきました。その結果、大事なものを置き忘れてきたのかもしれません。私達は百年塾の仲間と共に、その忘れ物を探し始めました。一人ひとりの探し出す答えは違うかもしれません。そして、その答えを知っているのは、百年後を生きる人達でしょう。我々が残し、バトンタッチしていくものが、百年後の皆さんの幸せの種になっていることを祈ります。

<当日のスケジュール>
①講義
テーマ:グローバリゼーションの正体とダイバーシティとの
    向き合い方
場 所:日本クラブ 5階 【サクラルーム】
    145 W. 57th St., New York, NY 10019
    (6th &7th Ave)
    http://www.nipponclub.org/?lang=ja
時 間:18:00~20:30(受付17:40~)
参加費:80ドル

②高野塾長を囲んでの懇親会(時間・場所・参加費未定)
参加条件:講義に参加された方のみのご案内

ご予約・お問合せ:下記Eメールにご連絡をお待ちしております。
ny100nenjuku@gmail.com(塾頭 パーセル宛て)

【Eメール記入事項】
1. お名前
2. よみがな
3. メールアドレス
4. 携帯番号
5. NY百年塾開催を知ったきっかけ(どこで・どなたから等)


このNYで、「百年先を見据えて今この時をどう生きるか?」
高野塾長と共に自分を見つめ直し、学び、新たな一歩を踏み出しましょう!

高野登NY寺子屋百年塾
発起人/アドバイザー 丸山奈留美
塾頭 パーセル圭子
番頭 河野謙二

[お問い合わせ先]
Eメール:ny100nenjuku@gmail.com
塾頭 パーセル圭子宛て
  • [言語]日本語
  • 登録日 : 2018/03/05
  • 掲載日 : 2018/03/05
  • 変更日 : 2018/03/05
  • 総閲覧数 : 123 人