「金融・保険 」を表示中

    • 知って得する / 金融・保険
    • 2019年11月18日(月)

    ご帰国前に、貯めた米ドルで貯蓄を増やそう!

    ご存知ですか?貯蓄を増やす『アメリカの保険』。いつかご帰国予定の方は、在米中の今が効率的な貯蓄を始められるチャンスです。
    ここアメリカでは『保険』がその高い利率から、日本の保険のイメージとは異なり、金融商品の一つとして認知されています。お子様の学資や、将来に向けて貯蓄を増やす、また老後の個人年金などいろいろな目的でご利用頂けます。
    日本に帰国後「帰国・転勤前に聞きたかった・・・」と後悔される方が多々いらっしゃいます。


    <例:寝かせるだけで増えるアメリカの保険>

    ❏$30,000を30年寝かせた場合→受取額$80,488
     →約$50,000も増える!
    ❏$40,000を20年寝かせた場合→受取額$77,207
     →約$37,000も増える!
    ❏$50,000を10年寝かせた場合→受取額$69,465
    →約$20,000も増える!


    <終身年金としても受取れる>
    受取時が60歳以上の場合は、分割受取を選ぶことができ、終身年金として一生涯受け取ることも可能です。
    年々上がる平均寿命に反して、不安になっていく公的年金、個人での老後資金の準備が必ず必要になってくる時代です。


    <この様な方にオススメです>
    ・在米中に貯めたドルをご帰国前にどうしようか迷われている方
    ・お子様の学資の積立をお考えの方
    ・ご自身の老後の個人年金をお考えの方
    ・日本へ帰国後、貯蓄型保険をお考えの方(日本の貯蓄型保険は今消滅の危機です)

    ご帰国が既にお決まりの方は、お早めにご相談下さい。


    <弊社insurance110について>
    弊社『insurance 110』は全米に9拠点の来店型店舗を持つ保険代理店です。日本の保険にも熟知したスタッフが、アメリカに数多くある大手保険会社(40社以上の取扱保険会社)の中から、皆様のご要望にそった保険を日本語でご紹介させて頂いています。2012年サービス開始以降、ご相談件数は20,000件を超えました。できるだけ多くの在米中の皆様に『アメリカの保険』の魅力を知って頂きたいという理念を元に、店舗の無い州にお住まいの方へも、メール・お電話・Skypeなどでご相談を承っております。お気軽にご相談下さい。
    ・各拠点詳細はこちら→https://insurance110usa.com/shopinfo.html
    ★メール・お電話すべて日本語でご対応!

    <詳しくはウェブサイトへ>
    https://insurance110usa.com/kikokumae.html

    • 各種イベント / 金融・保険
    • 2019年11月18日(月)

    『insurance110』全米10店舗めの New Jerseyオフィス OPEN!

    くらべて選べるほけんショップ『insurance110』全米10店舗めの New Jerseyオフィスが11月にオープンします。
    NJオフィスでは、完全予約制の個別相談会を実施します。

    こアメリカでの保険は日本と比較すると魅力的な商品が多く、“もしもの時の保障”はもちろんの事、“貯蓄を増やす金融商品”としても利用されています。保険は自分には必要ないかな?・・とお考えの方も、貯蓄を増やす目的で『アメリカの保険』はオススメです。(各種ビザで在住の方もご加入可能です!)日本の保険にも熟知したスタッフが日本語でアメリカの保険について丁寧にご説明します。
    学資積立、個人年金、生命保険、また銀行に眠っている貯蓄を増やしたい方はぜひこの機会にご相談下さい。完全予約制の相談会となりますので、お早めにご予約下さい。※ 10月の日程は確定次第、ご案内します。


    スケジュールは以下となっております。
    完全予約制となっておりますので、弊社ウェブサイトより、ご予約下さい。


    12月14日(土)13:00-18:00 
    12月15日(日)13:00-15:00 


    insurance110 ニュージャージーサテライトオフィス

    <住所>101 Hudson St, 21st Floor #2144, Jersey City NJ 07302
    <Tel>310-855-3522

    個別相談のお申し込み・詳細はこちらから↓
    https://insurance110usa.com/archives/press/nj_office_pre-open

    • 知って得する / 金融・保険
    • 2019年11月18日(月)

    お子様の大学進学の為の学資積立をお考えなら、『アメリカの積立型保険』がお勧め!

    お子様が大きくなって大学進学を決めた時に、
    どのくらいの教育資金が必要かご存知ですか?

    まず、日本の大学に行くか、アメリカの大学に行くか、
    州内か州外の大学かによって学費も大きく変わってきます。

    日本の大学4年間の授業料が約243万円(2017年度)で、アメリカ州内の大学はその約2~2.5倍。
    州外であれば5~7倍の授業料になります。
    授業料は国の財政状況の悪化によっても変わり、10年前から約2倍も値上がりしている大学もあります。
    もちろん、授業料以外にもかかる費用があるので、早めの準備が必要になります。

    お子様はまだ小さいけど、将来の大学進学の為に今から少しづつ効率的に貯めていこうと
    お考えの親御様にアメリカで始める学資積立のご紹介です。


    =======================
    ■アメリカの積立型保険■
    =======================
    『保証』『貯蓄』の両方を兼ね揃えており、
    保険なので死亡保険もついてきます。

    【アメリカの積立保険のメリット】
    ★保険料が安い
     ~日本の保険(同じ保証内容)と比較すると、保険料は日本の約半分!~
    ★積立利率が高い
     ~日本の保険、日米の銀行の定期預金の利率と比較しても非常に高い積立利率~
    ★帰国後も継続可能
     ~ご加入は在米中のみですが、日本へ帰国後でもご契約は継続でき、保険金などの受け取りも可能!~

    (例)≪日米学資積立プランの比較≫
    ①日本の学資保険 (加入者/お子様…35歳/0歳) 
    ≪※2017年4月の利率改定後の大手外資系A社の学資保険≫
    ■保険料:約4.6万円/月(約4.6万円x12ヶ月x10年間)
    ・積立総額:約551万円(45歳/10歳)⇒約540万円(4年間総受取(53歳/18歳)
    ----------------------------------------
     金利;-11万円(98.0%)元本割れ!

    ②アメリカ学費積立 (加入者/お子様…35歳/0歳) 
    ≪※死亡保証付き≫
    ■保険料:$300/月($300x12ヶ月x10年間)
    ・積立総額 $36,000 (45歳/10歳)⇒約$50,500(一括受取)(53歳/18歳)
    ---------------------------------------
     金利:約$14,500(約140%)

    プランは、ご加入者の年齢、健康状態、喫煙の有無、月々のご予算、目標積立期間などにより異なりますが、
    お客様の効率的な積立の為に、ご希望に沿った保険会社のプランをご紹介いたします。

    ≪アメリカの積立保険についてのご質問などがございましたら、お気軽にご相談下さい≫
    お問い合わせはお近くの店舗へお電話、「メッセージを送る」、WEBからどうぞ。
    ※店舗のない州のお客さまも、メール・お電話でご相談を承っております。

    店舗リスト↓
    https://insurance110usa.com/shopinfo.html

    • 各種イベント / 金融・保険
    • 2019年11月18日(月)

    オフィスOPEN記念第2弾!『米国在住者が知っておきたい、日本とアメリカの年金のお話』セミナー

    他州で大人気の年金のお話セミナー、NJ州での初開催が決定しました!

    ニュースなどでよく耳にする、『年金の受給開始年齢の引き上げ』それとともに年々上がっていく日本人の平均寿命。私達の老後は、公的年金だけでには頼れない時代になってきました。
    アメリカ生活で仕事に趣味に子育てに、日々の生活に追われていると、1年先、ましてや10年、20年先のお金のことをじっくり考える時間はないかもしれません。しかし、リタイヤメントは突然スタートするのではなく、今の暮らしの延長線上にあります。老後の暮らしを、今のうちに漠然とでもイメージすることは大切です。「その時どうなっていたいか」を考えることで、今からやっておくべきことが見えてくるはずです。
    老後はアメリカ?それとも日本での生活をお考えですか?将来を選ぶ際にも必ず関わってくる『年金』に関する知識を、ぜひこの機会に身につけましょう。

    <主なセミナーの内容>
    ✓日本の年金(年金の仕組み/いくらもらえる?)
    ✓アメリカの年金(ソーシャルセキュリティーの仕組み/いくらもらえる?)
    ✓アメリカでのリタイアメント(生活資金/必用資金と不足資金)
    ✓どうリタイアメントに備えるか?(貯蓄を増やす3つのポイント/具体的な積立例)


    講師:insurance110 北米マネージャー兼 新店舗NJサテライトオフィス店長 有鹿嘉浩


    日程:2019年12月14日(土)or15日(日)※お選び頂けます
    時間:10:00~11:30
    定員:15名様(先着順)
    場所:Double Tree by Hilton Fort Lee
    住所:2117 Route 4 East, Fort Lee, NJ 07024
    参加費:無料

    お問合せ、お申込みは↓こちらから
    https://insurance110usa.com/archives/seminar/nj-121419

    • お困りですか?? / 金融・保険
    • 2019年11月15日(金)

    日本語による全米カバーの米国公認会計士事務所です。

    弊社は米国公認会計士事務所ですが、日本と米国の公認会計士の資格を有する者がサービスを担当します。お気軽にお電話ください。

    北米をカバーする日系企業へのサービス。
    企業の国際税務・州税のコンプライアンスをお手伝いします。米国州及びカナダでの申告等のサポートを行います。米国内に3ヶ所の事務所があります。

    ●お客様の所在州(ご参考)
    カリフォルニア州、ニューヨーク州、コロラド州、カンサス州、イリノイ州、ミシガン州、インディアナ州、オハイオ州、ケンタッキー州、テネシー州、ノースカロライナ州、オンタリオ州(カナダ)

    ●主な業務
    米国進出支援、州税優遇税の最大化、米国税務(特に法人税、個人所得税、給与関係税等)、日米国際税務のコンサルティング、そして企業会計(日本会計基準、US GAAP、IFRS)のコンサルティングを専門に行っております。

    ●連絡先
    Tanaka & Company, Certified Public Accountants
    545 Metro Place South, Suite 100
    Dublin, OH 43017
    Phone: 614-738-8058
    Fax: 614-467-2201
    Email: ct@tanakaandco.com
    英語ウェブサイト:www.tanakaandco.com


    ■代表者からのメッセージ
    「 弊社は米国でのビジネスを行なう日系企業にとって、ワン・ストップの会計事務所を目指して、活動をいたしております。
    1996年以来米国に進出する企業のサポートをしてきた知識と経験を、米国のビジネスに携る皆様に、直接日本語でお伝えできればと思っております。
    日本発の企業を応援させていただきたいと思います。」

    ■代表者の略歴
    日本の大手監査法人で監査業務を行った後、米国大手会計事務所で監査(audit)及び税務(tax)でマネージャーとして十数年勤務後、
    日系企業を専門にサポートする会計事務所を設立。通算 日本8年、米国23年の経験。
    米国オハイオ州事務所から全米の日系企業のお客様にサービスを提供しています。

  • 1/1
  • 1