「専門サービス 」を表示中

    • 自慢のサービス / 専門サービス
    • 2018年08月16日(木)

    【ハイヤー リムジン・サービス】NY市内・近郊のハイヤーサービスはお任せください!

    マンハッタン市内にベースを置き22年。お客様がマンハッタン・ニューヨーク市内にお越しの際にいつも気心知れた運転手がお手伝い致します。

    安心してお仕事・プライベートに専念出来ます。ニューヨークでのロードショー・IRを、国内・海外の企業も含め担当しています。
    ニューヨーク近郊・他州への送迎。プライベート・ジェット空港、コマーシャル空港・送迎を担っています。貴社の大切なお客様への営業ツールとしてお使いください。

    経験豊富なドライバーは、貴社の大切なセールスの一役を担います。
    また、常に確実な稼働(仕事)をすると大手企業・配車担当様から信頼をいただいています。 乗客の皆様を初日の空港からのお迎え、そして最終日空港への送迎まで一貫して同じ運転手がお手伝いします。


    【 お客様 ご乗車頂いたお客様 / 一例 】
    映画俳優、アスリート(PGAゴルフチャンピオン・ジャイアンツ・ネッツ・アメリカンフットボール・サッカー・ボクシング世界チャンピオン・他各界ご活躍の選手)、一部上場企業トップ、政府機関・政府高官、メディア / ジャーナリスト、ミュージシャン、バンド、ジャスティンビーバー、マルーン5、マイリーサイレス、ディズニーキャラクター、大統領候補、NBC・ABC・FOX・ニュースキャスター、大手企業トップ、テレビ出演のお客様、代議士、現在ご活躍の日系海外企業の皆さま、他

    ご予約・お問い合わせは下記URLまたは電話よりお気軽にご連絡ください。
    または、「メッセージを送る」からもご連絡頂けます。


    【お問い合わせ・予約】
    お急ぎの方は、直接電話ください。
    Tel: US + 1 - 516 - 767 - 7555
    お問い合わせ:http://www.takilimo.com/inquiry.html

    • 知って得する / 専門サービス
    • 2018年08月06日(月)

    ★アメリカでのお仕事探しはクイックUSAにお任せください!

    アメリカ転職・就職エージェンシーのQUICK USA, Inc.です。

    このページを訪れてくれたあなたは、きっと、アメリカで「お仕事を探している」、「転職を考えている」、「将来お仕事をしたい」など、「アメリカでの転職」や「アメリカでの就職」にご興味のある方でしょう。

    アメリカで働くことを実現するためには就労ビザ等いくつかの障害を乗り越えて、ステップ・バイ・ステップで進めていかなければなりません。

    「誰に相談したらよいのか?」「どこで仕事を見つけたらよいのか?」。アメリカでの仕事探しには、日本とは違う面がたくさんあって、わからないことだらけですね。

    QUICK USA, Inc.は、時にはマラソンの伴走者のように。また時にはチームを引っ張る監督のように。アメリカでの「転職・就職」というゴールを確実なものとするために、プロの立場から求職者の皆様をサポートしています。

    あなたにとって「働く」とはどういう意味があるでしょうか?お金を稼ぐこと以外にもきっと意味があるはずです。そんなところからまずはお話しをはじめてみませんか?


    楽しそうに仕事をしている人は、内面から輝いているように見えます。私達は一人でも多くの方に、笑顔とハッピーをお届けしたいと考えています。


    -------------------------------------------
    アメリカでの転職・就職を無料でサポート!
    -------------------------------------------

    経験豊富で誠実なリクルーティングコンサルタントがあなたのアメリカでのお仕事探しをお手伝いさせていただきます。マンツーマンでじっくりとお話を伺い、お一人ひとりにあった働き方やポジションをご紹介しています。お仕事が始まるまで、また場合によってはお仕事が始まってからもしっかりとサポートいたします。

    詳細は→www.919usa.com

    最新の求人情報→www.919usa.com


    --------------------------------------------
    ご登録から就職までの流れ
    --------------------------------------------

    「米国での転職」、「米国での就職」をお考えであれば、クイックUSAのHPからまずは「無料登録」をしましょう。ニューヨーク、ロサンゼルスはもとより全米の求人をご紹介しています。ご希望やキャリアを活かせるアメリカでの求人を無料でご紹介しています。アメリカで活躍したいという、みなさまのお気持ちに応えられるよう、最大限のお手伝いをしています。またサービスは、登録から入社に至るまで、ご登録者の費用はありません。一切無料のサービスです!!


    ☆☆STEP 1 : ホームページより登録無料☆☆
    新規に、弊社のサービスにご登録頂く場合、ウェブサイト(www.919usa.com)のホームページの「ご登録」のボタンよりオンライン登録をお願いいたします。ご登録の際には英文の履歴書が必要となります。ワードまたはPDFファイルの英文履歴書をご用意ください。

    ※E-mailで英文履歴書をお送りいただくエクスプレス登録もありますので、忙しい方など是非ご利用ください。
    E-mail:quick@919usa.com
    英文の履歴書を添付ファイルにてお送りください。折り返しご連絡させていただきます。


    ☆☆STEP 2 : カウンセリング☆☆
    ご希望の方に対して、あらゆる業種や職種に精通したリクルーティングコンサルタントが
    客観的なキャリア診断や履歴書作成へのアドバイスなどをご提供します。


    ☆☆STEP 3 : 求人情報の提供☆☆
    数多くの求人情報の中から、カウンセリングを通じてお聞きしたご経験やご希望を考えながら、適性やニーズに最も合った仕事をご紹介。求人市場の動向をいち早く知ることができます。


    ☆☆STEP 4 : 企業へのご推薦・企業との面接☆☆
    企業や求人内容を十分にご説明し、皆様の応募意志を確認したうえで、企業に対して皆様をご推薦します。複数企業への同時応募も可能。面接の調整も、責任を持って代行します。


    ☆☆STEP 5 : 内定・入社☆☆
    面接の結果をお知らせします。
    採用条件や入社日などの詳細についても、ご意向を受けて、調整を行います。入社後もしっかりとフォロー。どんなことでもご相談ください。


    ------------------------------------------------------
    採用をご検討中の企業様へ
    -----------------------------------------------------
    アメリカで採用をお考えなら、是非弊社にご連絡ください。組織の成長や活性を目的とした⼈材の確保、効果的で効率的な⼈事戦略が、ますます重要な時代となっています。真に必要な⼈材を、必要な時に最⼤限活⽤していただくために、クイックUSAは、多様化した事業や組織体系に対応する柔軟なヒューマンリソース・ソリューションを提供しております。常に信頼できるプロフェッショナルな「社外⼈事部」として、事業⽬標達成のお役に⽴つことをお約束します。

    -------------------------------------------------
    QUICK USA , Inc.について
    -------------------------------------------------
    QUICK USA, Inc.は日本の株式会社クイック(コード番号:4318 東証第一部)の米国法人です。クイックグループの一員として、人と企業を結ぶ事業に取り組み、総合人材サービスを米国にて提供しています。「関わった⼈全てをハッピーに」の経営理念に基づき、「⼈材と情報ビジネスを通じて社会 に貢献する」を事業理念として、⼈材紹介・⼈材派遣をはじめとする⼈材サービス事業を展開しています。グローバルな視点で⼈材ネットワークを構築し、登録者の皆様には頼りになるリクルーティング・コンサルタントとして、
    企業の⼈事担当の皆様には、プロフェッショナルな⼈事戦略パートナーとして、誠実に、確実に、ニーズにお応えしていきます。

    QUICK USA, Inc.
    www.919usa.com
    www.919usanews.com
    8 West 38th Street, Suite 802,
    New York, NY 10018
    Phone: 212-692-0850
    Fax: 212-692-0853
    E-mail: quick@919usa.com

    • お困りですか?? / 専門サービス
    • 2018年08月06日(月)

    -防犯カメラ、その他防犯システムの設置工事はセーフコにお任せ下さい!施工・取付。安心工事-

    ニューヨークで20年以上の実績
    施工実績 官公庁・法人様、工場、店舗、アパート
    設置、アフターケアまで完全サポート


    Safeco Risk Control, Incは、設立以来20年、防犯カメラ、その他防犯システムを専門に取り扱ってきたプロフェッショナルの
    資格をもった防犯設備士が、お客様の状況に応じて適切な機器のご提案からお見積り作成、施工工事の手配はもちろん、
    設置後の機器サポートや不具合時の対応まで万全のサポートをご提供しております。

    「カメラの種類が多くて、どれを選べばよいかわからない」
    「スマートフォンで手軽に監視、録画できるカメラがほしい」
    「複数の店舗を遠隔で管理できる商品を探している」

    ホームページの情報だけではよくわからないお客様に、設備士が電話とメールで直接ご提案をさせていただきます。

    その他防犯システム
    ・カードキーによる入退館管理システム
    ・指紋認証対応のオートロック電子錠
    ・インターホン
    ・窓・扉侵入検知、アラームシステム
    ・監視モニタリングサービス
    ・イベント向けの金属探知機、無線機レンタル
    ・高齢者向けの見守り・緊急通報システム(自宅版ナースコール)

    Etc…


    お困りのことがあればまずは一度お電話またはメールにて日本語にてご安心してご相談下さい。

    Safeco Risk Control, Inc
    1 (800) 379 7686
    info@safecosurveillance.com
    http://www.safeconyc.com/

    びびなびをご覧になってご注文を頂いたお客様には10%割引キャンペーンを実施中!
    お問合せの際に”びびなびを見た”とお申し付けください。

    • 自慢のサービス / 専門サービス
    • 2018年08月02日(木)

    長年の経験と実績を活かし、今まで数々の訴訟を解決してきました。

    ●労災問題 
    ロメロ弁護士は、500件以上、労災問題に関わる裁判所に提訴した経験があります。労災法を取り扱う分野においては、その他の弁護士から依頼人のご紹介を受けることも多々あります。ニュージャージー州上位裁判所控訴部、同州最高裁判所へ起訴に成功した経験があります。ロメロ弁護士は、労災問題に関わる分野において演説を依頼される程の名声を得ています。

    ●人身傷害問題 
    ロメロ弁護士は、航空事故、自動車事故、滑って転ぶ事故、歩行者事故などにより重傷を負った依頼人の弁護を行います。また、複雑な人身傷害問題については、専門の弁護士と協力して弁護を行います。

    ●婚姻・離婚訴訟 
    ロメロ弁護士は、家族法にかかわる訴訟の調停、起訴において非常に豊富な経験を持っています。

    ●商事訴訟 
    ロメロ弁護士は、地主・借用問題などに関する商業用不動産問題について専門的な見解を持っています。ロメロ弁護士は、ニュージャージー州裁判所にて、商用リース問題などを含めた20件以上に及び事件の審理を行った経験があります。また、大きな法的影響がある問題などを含めた上訴にも成功した経験があります。

    ●不動産・地主/借用問題 
    ロメロ弁護士は、ニュージャージー州北部を通して、買い手と売り手双方の弁護を行い、複雑な不動産取引を取り扱っています。

    ●財産・遺言問題 
    ロメロ弁護士は、財産の遺言執行人としての役割を果たした経験があり、裁判所より遺産管理人や、禁治産者の遺産に関わる論争中の後見人を務めるように任命を受けた経験もあります。

    ━-━-━-━-━-━-━-━-━-━-━-━-━━-━-━-━-━-━-━-━-━-━-━-━-━

    異国の地で法的保護を求めることは、非常にストレスや労力がかかることです。
    ロメロ弁護士はそのことを十分に理解した上で日本人の方々のお役にたちたいと思っています。
    お一人で悩まずにロメロ弁護士までお気軽にご相談ください。親身になって一緒に解決策を考える事をお約束します。

    ━-━-━-━-━-━-━-━-━-━-━-━-━━-━-━-━-━-━-━-━-━-━-━-━-━
    日本語通訳がおりますので、お気軽に日本語でご連絡ください。

    Etsuyo Watanabe
    メール:acestressbusters@gmail.com
    お電話:(201) 463-6568

    • 知って得する / 専門サービス
    • 2018年08月02日(木)

    「秋の就業お祝いキャンペーン」スターバックスのギフトカード($25分)を進呈いたします。

    クイックUSA「秋の就業お祝いキャンペーン」はじまります!
    スターバックスのギフトカード($25分)を進呈いたします。


    QUICK USA, Inc.では「2018年秋の就業お祝いキャンペーン」を実施いたします。
    期間中(2018年9月1日~10月31日)に、弊社からのお仕事紹介で就業を開始された方先着30名様に、
    スターバックスの「ギフトカード($25分)」を進呈させていただきます。
    お仕事はフルタイムまたは1カ月以上就業の派遣のお仕事が対象となります(全米対象)。

    クイックUSAのサービスは、ご登録から入社に至るまで求職者に対する費用は一切無料。
    勤務先はもちろん、ご希望によりご家族への秘密も守ります。
    求職者の方が目指すキャリアパスを実現できるよう、中長期的な視点でみなさまのご転職・就職活動を支援しています。  

    ご登録がまだの方は英文履歴書をご登録ください! 弊社ウェブサイトより、24時間受け付けています。

     

    オンライン無料登録→www.919usa.com
     

    ★キャンペーンのお問い合わせは下記まで。

    QUICK USA, INC.

    ●NY Office
    8 West 38th Street, Suite 802, New York, NY 10018
    Phone:212-692-0850
    E-mail:quick@919usa.com

    ●LA Office
    1995 W.190th Street, Suite 102 Torrance, CA 90504
    Phone:310-323-9190
    E-mail:quickla@919usa.com

    ●WWW.919usanewsの最新記事(是非ウェブサイトをご覧ください)
    ・2018年秋「エクセルクラス初級~上級)」開講のお知らせ!
    ・カリフォルニア州公正雇用居住法の改定について
    ・ニューヨーク市で一時的勤務時間変更法が施行されます。
    ・アメリカでハタラク人にインタビュー!第17回【料理研究家 たま・バッチャーさん】
    ・アメリカでハタラク人にインタビュー!第16回【CPA 小林賢介さん】
    ・アメリカで転職!求人の探し方、お仕事探しの流れを教えます!
    ・アメリカでの食事接待で覚えておきたい8つのこと
    ・7月よりニュージャージー州で均等賃金支払い法が施行されます。
    ・ニューヨーク州義務化!「セクハラ防止トレーニングウェビナー」サービス提供開始のお知らせ
    ・ニューヨーク州セクハラ防止トレーニングの義務化


    ■アメリカでのお仕事探し、就職・転職はクイックUSAにお任せください。
    クイックUSAではアメリカでのお仕事探しのお手伝いをしています。
    弊社のサービスにご登録がお済でない方は、まずは英文履歴書のご登録をお願いいたします。
    www.919usa.comより、オンライン登録をしていただくか、
    quick@919usa.comまでE-mailにて英文履歴書を添付ファイルにてお送りください。
    折り返しご連絡させていただきます。  


    *クイックUSAではニューヨークとロサンゼルスを拠点に全米で、留学生や社会人の求職者に対してアメリカでの就職・転職のお手伝いをしています。
    ご紹介しているお仕事は、金融、会計、IT、輸出入、人事、営業など多岐に渡ります。
    雇用形態はお仕事をお探しの方のライフスタイルに合わせて、 フルタイムのお仕事とテンポラリーのポジションをご紹介。
    クイックUSAでは経験豊富なリクルーターが、求職者の皆様一人ひとりのご希望などを伺いアメリカでのキャリアプランを一緒に考えさせていただいています。
    アメリカでお仕事をお探しであれば、アメリカ求人多数のクイックUSAに是非ご登録ください!(無料)  

    ★アメリカでのお仕事探しのご相談は、下記までお気軽にご連絡ください。
    QUICK USA, Inc.
    [New York Office ]
    8 West 38th Street, Suite 802, New York, NY 10018
    Email:quick@919usa.com
    Phone: 212-692-0850

    [Los Angeles Office ]
    1995 W.190th Street, Suite 102 Torrance, CA 90504
    Email:quickla@919usa.com
    Phone: 340-323-9190  

    • 各種イベント / 専門サービス
    • 2018年08月02日(木)

    2018年秋「エクセルクラス:初級~上級」開講のお知らせ!

    QUICK USA, Inc.では、様々な分野の専門家との共催で「スキルアップセミナー」を開催しています。パソコンや語学力などのスキルを向上していただくことにより、アメリカでのご就職や転職、アメリカでのキャリアアップがより円滑に進むようサポートさせていただくことが目的です。


    マイクロソフトのエクセルは職場で欠かせないソフトウェアの一つです。エクセルの機能は数多くあり、すべての機能を理解するためには時間がかかります。各クラスではエクセルの機能の中で、これだけは覚えておきたいという基本機能や操作方法をステップ・バイ・ステップで学んで頂きます。

    クラスは少人数制でアットホームな雰囲気の中、パソコンを使用しながら実習していただきますので、楽しみながら自然と技術が身につきます。

    講師はニューヨークで長年に渡りパソコン教室を開催しているVillagewell LLCの村井功氏です。是非、ご参加ください!  

    毎回、大好評のエクセルのコースです。  

    少人数制でしっかり学んでいただけるよう、定員を6名様に限定。
    本セミナーは、毎回完結型ですので、参加したいコースのみご参加頂くことも可能です。
    4回のフルコースをお申込みいただくと、割引料金が適応されます。
    日程の内容は下記の通りです。お席に限りがございますのでお早めにお申込みください。
    皆様のご参加をお待ちしております! ※会場はニューヨークとなります。  

     
    ◎Excel初級  9月5日(水)スタート 
    各回$35 / 全4回受講される場合には特別割引料金 $120が適応されます。
    毎回 18:00  -19:30 90分
    ■1回目  9月  5日(水)  エクセル基本操作
    ■2回目  9月12日(水) 表作成
    ■3回目  9月19日(水)  グラフ作成
    ■4回目10月 3日 (水) スモールビジネス収支計算書  

    ◎Excel中級 10月10日(水)スタート
    各回$40 /全4回受講される場合には特別割引料金 $140が適応されます。
    毎回18:00-19:30 (90分)
    ■1回目10月10日(水) ピボットテーブル
    ■2回目10月24日(水) VLOOKUP関数
    ■3回目10月31日(水) 覚えておくと便利な関数(PMT関数など)
    ■4回目11月  7日(水) マクロ入門

    ◎Excel上級 11月14日(水)スタート
    各回$45 /全4回受講される場合には特別割引料金 $160が適応されます。
    毎回18:00-19:30 (90分)
    ■1回目11月14日(水)    関数の応用
    ■2回目11月28日(水) 金利計算
    ■3回目12月  5日(水) 外部データの取り込み
    ■4回目12月12日(水) VBAを使ったシステムづくり

    -----------------------------------------------

    ■定員:各クラス6名様定員 (先着順。定員になり次第締め切らせていただきます。)  
    ■会場: Villagewell LLC    (ニューヨーク) 
    228 E 45th Street (bet. 2Ave. and 3Ave.)7階  
    ※学校のパソコンを使用されたい方はレンタル料として$10かかります。事前にお申し込みください。    

    ------------------------------------------------
    ◆お申込み・お問い合わせ◆
    下記までお問い合わせください。申込書付フライヤーをお送りします。

    QUICK USA, INC.
    www.919usa.com
    www.919usanews.com
    NY Office 8 West 38th St. #802 New York, NY 10018
    Phone: 212-692-0850
    E-mail: quick@919usa.com  

    ※このセミナーはニューヨークのパソコンスクール「Villagewell LLC」との共催となります。  

    • お困りですか?? / 専門サービス
    • 2018年08月01日(水)

    LLCの設立方法 in ニューヨーク

    -----------------------------------------

           ◇◆◇◆◇会計・税務に関するお役立ち情報◇◆◇◆◇

    -----------------------------------------


    UNIVIS AMERICA LLCでは、アメリカで起業を考えている方をお手伝いしております。今回は現在国内で最も人気のある会社形態、”LLC” (Limited Liability Company)の設立方法や設立後の手続きについての情報をお伝えします。


    LLCの管轄は各州によってなされています。従って、厳密には各州ごとのやり方をきちんと確認しなければいけませんが、大まかな流れはどの州でも共通するものがあります。ここでは、ニューヨーク州を例にとってお伝えしてまいります。

    -----------------------------------------


    ◆◇◆設立プロセス◆◇◆

    ■Step 1. 会社名を決める
    まずは会社の名前を決めましょう。LLC設立の場合は、会社名にLimited Liability Coまずは会社の名前を決めましょう。LLC設立の場合は、会社名にLimited Liability Company、もしくは省略形のL.L.C又はLLCを付けなければいけません。 同じ州で重複した会社名を使用することはできません。ニューヨーク州のサイトにて、既に同じ会社名がないか調べることができますので予めご確認ください。

    ■Step 2. Registered Agent (登録代理人)の選定
    LLC設立にあたっては、Registered Agentを選定する必要があります。Registered Agentは、州政府から届く様々な通知(会社の更新登記や税関係の書類等)を受け取り、会社に知らせてくれる役割を担います。設立発起人本人でもなれますが、物理的に州内にいない時は不便になるため、本人以外で定めておくことケースが多くなっております。

    ■Step 3. 会社登録
    LLCの会社登録は、ニューヨーク州に対してArticle of Organization(定款)を提出することでなされます。オンライン又は郵送どちらかを選べますが、基本的にはオンラインのほうが断然楽ですので、特別な事情がない限りはオンラインで十分です。登録費用は固定で200ドルです。

    Step 4. 設立公告義務の履行
    ニューヨーク州においては、LLC の設立日から 120 日以内に、主たる事務所が置かれた郡の書記官(County Clerk)が指定する新聞 2 紙に連続 6 週間にわたり設立公告を実施しなければなりません。こちらを行わないとLLCの登録が抹消されてしまいます。

    ■Step 5. Operating Agreementの作成
    ニューヨーク州では、LLCを設立する際にOperating Agreementの作成が必ず要求されます。社員が一人のみの場合であっても必ず作成しなければいけません。Article of Organizationの届け出後90日以内に、社員全員によってOperating Agreementを書面により締結することが義務付けられています。ただしOperating Agreement自体を、州に提出する必要はありません。

    ■Step 6. EINの取得
    会社設立後、連邦課税当局が企業の識別に用いる番号である連邦雇用主番号(EIN)を取得します。EINは会社の銀行口座開設や、連邦税・州税法等の支払いなどに際して必要となります。EINの取得申請は、内国歳入庁(Internal Revenue Service: IRS)に対し、オンライン、電話、ファクスまたは郵便(書式SS-4に必要事項を記入して提出)で行います。



    その他LLC設立に伴う重要な手続きには下記のとおりです。

    1. 会社の銀行口座開設

    2. 雇用者登録及びSales Tax登録

    3. 会計システムの導入

    4. ビジネスライセンスの取得

    5. 保険の加入

    6. 雇用における法令遵守

    -------------------------------------------


    このように企業には多種多様な手続きがつきものです。安心してスムーズに起業をするために専門家のアドバイスが必要不可欠となります。ぜひお気軽にUNIVIS AMERICA LLCまでご相談ください。


    さらに詳しい情報は下記HPよりご覧いただけます。
    https://www.univis-america.com/single-post/2018/07/10/LLCの設立方法-in-ニューヨーク


    ご質問等ありましたらこちらのアドレスまでご連絡ください。
    info@univis-america.com
    小林

    • ご紹介いろいろ / 専門サービス
    • 2018年07月30日(月)

    ニューヨークで転職をお考えですか?転職先探しはTOPにお任せください!

    転職をお考えですか?
    自分一人で転職先探しはなかなか難しいですよね?

    転職の事なら、
    ==================================================
    ◆20年以上のキャリアがある≪TOP≫にお任せください◆
    ==================================================
    ★ニューヨークでの転職をサポート!
    ★お仕事紹介・相談等全て【無料】!

    経験豊富なリクルーターがお客様の希望をお伺いし、
    お客様一人ひとりに合った転職先をご紹介いたします☆

    【TOPはここが違う!】
    ■豊富な業種■
     ~あらゆる業界の求人をカバー!お客様のご興味のある職業をご紹介いたします~
    ■選べる職種・ポジション■
     ~事務、営業、経理、管理職などポジションも豊富!~
    ■幅広い募集職種レベル■
     ~新卒のエントリーレベルから管理者レベルまで~
    ■多言語対応と安心のサポート■
     ~英語メインのお仕事、日本語メインのお仕事、その他の言語を使用する求人も取り扱っております!
      また、企業環境・文化の違いにより起こりうる疑問や不安に様々な形でサポート致します~

    【サービスの流れ】
    ①お問い合わせ
      ↓
    ②キャリアについてのご相談
      ↓
    ③マッチしたお仕事をご提案
    (ご紹介の際に、企業と人材にとって最善のマッチアップを行っています。)
      ↓
    ④採用

    ------------------------------------------
    ◆転職をお考えの方はお気軽にご相談ください◆
    ------------------------------------------
    あなたにあった転職先をお探しします。
    ※お問い合わせはお電話、又は『メッセージを送る』から日本語でどうぞ。

    • 知って得する / 専門サービス
    • 2018年07月30日(月)

    会計・税務のことなら、会計・税務のプロフェッショナル集団 "Univis"へご相談ください。

    Univisグループは、ニューヨーク及び東京にオフィスを構える会計・税務のプロフェッショナル集団です。



    【各種サービス】

    ・法人税申告書作成
    ・個人確定申告書作成
    ・会社設立支援
    ・会計税務コンサルティング
    ・記帳代行・給与計算
    ・QuickBooks導入支援
    ・保証業務(監査・レビュー・コンピレ―ション)



    【 Univis のサービスの特徴】


    ・Client Persepective
    クライアント目線に立ち、皆様の"Vision"達成に尽力します。
    3人称の外部アドバイザーとしてではなく、1人称の当事者として、クライアントの皆様と共に成果の実現に向けたサポートを提供しています。

    ・Speediness
    変化が激しい今日のビジネス環境において、必要な時に必要なサービスを提供できるよう、スピード感をもって、業務を実施致します。

    ・Client Persepective
    会計・税務・財務の分野における専門家が集まったプロフェッショナルファームとして、
    クライアントの皆様に最大の価値を提供できるよう常に自己研鑽を怠らず、最高品質のサービスを提供致します。



    Univisグループは、ニューヨーク及び東京にオフィスを構える会計・税務のプロフェッショナル集団です。
    世界第6位の会計ネットワークであるGGIに加盟しており、そのグローバルなネットワークを活かし、すべてのクライアントの皆様の"Vision"達成に尽力します。
    個人、法人問わず、あらゆるニーズに応える総合的なサービスを提供することをお約束いたします。

    お気軽にお問い合わせください。

    TEL:+1 929 (408) 9769
    E-mail : info@univis-america.com
    HP :https://www.univis-america.com/

    日曜日 定休日
    月曜日 9:00-18:00
    火曜日 9:00-18:00
    水曜日 9:00-18:00
    木曜日 9:00-18:00
    金曜日 9:00-18:00
    土曜日 定休日

    • ご紹介いろいろ / 専門サービス
    • 2018年07月29日(日)

    最新ビザ情報!O1ビザの申請書を正しく記載する重要性とは?

    In this article, I will discuss the main difference and show why it is important to choose the right category in filing an O-1 application.

    O-1A is a visa for people who can show that they have extraordinary ability in the sciences, education, business or athletics.
    In contrast, O-1B is for people with extraordinary ability in the arts, motion pictures or television. Some occupations may combine aspects of both categories.
    For example, a fashion designer working for a company needs to be an expert in the fashion business, as well as to have the artistic background needed to select the right colors, materials and designs for the fashion products.

    But one can only file an O-1 application in one of the above two categories or the other. One cannot file for O-1A and O-1B in the same application.
    Therefore, in deciding which one to file for, as in the case of the above designer example where both might be appropriate, it is important to understand what the main requirement is for approval in each type of visa.

    The difference is this: With O-1A, it is necessary to show that one as at the “very top of the field of endeavor”.
    In the case of O-1B, it is only necessary to show that one has achieved “distinction” compared to other people in the same field.
    “Distinction” does not mean that one is at the top of the field, i.e. has achievements superior to almost everyone else in that field. It is only necessary to show that one is “prominent”, “renowned” “leading” or “well known” in the field of arts. This can be a very big difference. It can obviously be easier to show that one is “leading” or “well known” than it is to show that one is at the very top of one’s field. At the same time, as I mentioned in my first article defining the field of activity as specifically as possible is very important to success in any O-1 case.

    For example, it would be harder to show that a person is “distinguished” or “outstanding” compared to all other fashion designers than it would be to show that one meets that description compared, say, to only other baseball cap designers. In my next article I will discuss the specific requirements that one must meet to qualify for these two visas.

    Readers with any questions are welcome to call me at (212) 724-5643 or contact me at algaselex@gmail.com.

    -----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

    two main common features, which are important to bear in mind. The first is that both O-1A and O-1B visas require a showing of achievement and recognition in the person’s field.
    They are not visas for people who are at the very beginning of their careers. This is important, because I am often asked by people who have just graduated from music school or acting school, for example, if they are eligible for an Artist O-1 Visa.

    Usually someone who has just graduated from college or professional school is not yet ready for an O-1 visa, unless the person has accomplished something quite remarkable while still in school that has been recognized and achieved acclaim in the outside world beyond the school environment.

    The second essential common feature of both O-1A and O-1B visas is that they both depend on a comparison with other people in the same field.
    It is not enough just to be a good actor, musician, scientist or fashion designer, for example; one has to have achieved something that stands out against the achievements of other people in the same field.

    For O-1A, one has to show that one is at or near the top of one’s field, though the immigration office is normally fairly flexible about what this means. For O-1B, the standard is somewhat easier; the applicant only has to show “distinction” in the field. It follows from this that carefully defining what the person’s field of activity is, and making it as narrow and precise as possible, is crucially important in any O-1 case.

    For example, if a person is sponsored for O-1 as a fashion designer, then the case will be judged on his or her standing compared to all other fashion designers – a very large and talented group of people.
    But if the person is sponsored as a hat designer, or a jewelry designer; or, better still, as designer of specific kinds of hats or jewelry made from certain types of material, then the number of other people whom the O-1 applicant is comparing himself or herself with becomes much smaller.

    In my next article, I will discuss the specific requirements for qualifying for O-1A and O-1B visas in more detail. I am glad to answer questions, so please call me at (212) 724-5643 if you have any.

    Roger Algase
    Attorney at Law

    ご相談はお気軽に『さとこ』まで日本語でお電話ください。

    • お困りですか?? / 専門サービス
    • 2018年07月23日(月)

    【通訳・翻訳サービスならAOKI USA, Inc.】20年以上の実績で、ビジネスの架け橋となります。会議通訳や書類翻訳など、AOKI USA, Inc.にお任せください。

    AOKI USA, Inc.は、アメリカに進出される日本企業様のための翻訳・通訳サービスを提供しています。
    日米企業間ミーティング/カンファレンスの通訳派遣など、経験豊富なスタッフがコミュニケーターとして御社の国際企業への架け橋となります。

    【通訳サービス】
    ・IT関連通訳
    ・ビジネス通訳
    ・病院通訳
    ・法廷通訳

    1時間: $125 ~ $200

    ※ご依頼の分野の専門通訳を派遣するため、通訳によって派遣料金が異なります。

    【翻訳サービス】
    ・日常翻訳
    ・技術翻訳


    その他 通訳/翻訳でお困りでしたらお気軽に一度ご連絡ください。
    ご希望に沿ったプランをご提供いたします。


    まずはお問い合わせください。
    お見積もり無料でお出ししております。

    TEL : +1 (415) 731-8100
    aoki@aoki-usa.com

    • ご紹介いろいろ / 専門サービス
    • 2018年07月23日(月)

    最新ビザ情報!O1ビザについて解説します。

    O1ビザとは?
    ドクターや研究生、アーティストなど独自の技術や専門職を身につけている人を対象としたビザです。
    プロフェッショナルな技術をお持ちの方、ロジャーアルゲイズ法律事務所にお任せください。

    Many people have been asking me about O-1 visas, especially since H-1B visas are becoming more complicated these days,
    so I will discuss the basics of O-1 visas. First of all, there are two types of O-1 visas; O-1A for people in the fields of business,
    science or education, and O-1B for people in the arts, including fine artists and performing artists, often known as “Artist Visas”.
    While these two visas have different standards and requirements, they both have common features.

    There are two main common features, which are important to bear in mind. The first is that both O-1A and O-1B visas require a showing of achievement and recognition in the person’s field.
    They are not visas for people who are at the very beginning of their careers. This is important, because I am often asked by people who have just graduated from music school or acting school, for example,
    if they are eligible for an Artist O-1 Visa.

    Usually someone who has just graduated from college or professional school is not yet ready for an O-1 visa,
    unless the person has accomplished something quite remarkable while still in school that has been recognized and achieved acclaim in the outside world beyond the school environment.

    The second essential common feature of both O-1A and O-1B visas is that they both depend on a comparison with other people in the same field.
    It is not enough just to be a good actor, musician, scientist or fashion designer, for example; one has to have achieved something that stands out against the achievements of other people in the same field.

    For O-1A, one has to show that one is at or near the top of one’s field, though the immigration office is normally fairly flexible about what this means.
    For O-1B, the standard is somewhat easier; the applicant only has to show “distinction” in the field.
    It follows from this that carefully defining what the person’s field of activity is, and making it as narrow and precise as possible, is crucially important in any O-1 case.

    For example, if a person is sponsored for O-1 as a fashion designer, then the case will be judged on his or her standing compared to all other fashion designers – a very large and talented group of people.
    But if the person is sponsored as a hat designer, or a jewelry designer; or, better still, as designer of specific kinds of hats or jewelry made from certain types of material,
    then the number of other people whom the O-1 applicant is comparing himself or herself with becomes much smaller.

    Please call me at (212) 724-5643 if you have any.

    Roger Algase
    Attorney at Law

    O2(O1の人をサポートする)の申請が自分には可能かどうかを知りたい方。
    お気軽に『さとこ』まで日本語でお電話ください。

  • 1/1
  • 1