パノラマ

生活・住まい / 知って得する

FLEX 2(フレックス2ベッドルーム)という選択肢

ニューヨークに駐在、留学が決まったけれど、ニューヨークシティ主要エリアの家賃は高いので、郊外に住むしかないと最初からお考えではありませんか?

大きめのリビングルームを壁で区切って、小さめのベッドルームとし、1ベッドルームのユニットを2ベッドルームとしてご利用出来るアパートがマンハッタンとその近郊に存在します。フレックス2ベッドルームと呼びます。

また、広めのアパートにホームオフィス(HO)スペースが付いたものがあり、窓やクローゼットはないものの、追加ベッドルームとしてご利用可能です。フロアプランご参照。

ご家族のみでなく、お友達とシェア出来るアパートもあります。ただし、ニューヨークシティのアパートのルールは厳しいので、大人何人・子供何人までと、部屋により人数制限があるケースが多いです。



ニューヨーク生活と高級物件紹介中。
https://www.instagram.com/kurashi.ny/

ニューヨークシティ(※)の多数の高級賃貸住宅を手数料なしで仲介します。駐在員向けの生活立ち上げ支援サービスもあり。コンドミニアム・コープの売買、投資のご相談も承ります。(※マンハッタン、ブルックリン、クイーンズ)

  • 登録日 : 2019/04/14
  • 掲載日 : 2019/04/14
  • 変更日 : 2019/04/14
  • 総閲覧数 : 38人